秋の夜長は文字を読め

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおきな玉ねぎの下で -1- (原作:大きな玉ねぎの下で・爆風スランプ)
 あれだけ暑かった夏も過ぎ去り、日が沈むのも早くなった。
今日は早く現場が片付いたとはいえ、この時間の首都高はいつもの
ように、たくさんの車が連なり、渋滞を起こしている。
昔流行った歌の歌詞ではないが、赤いテールランプがどこまでも
続いているように見えて、綺麗だなと最初は思ったものだ。
ただその思いも、見慣れていくうちに感動は薄れた。
-せっかく早く終わっても、家に着いて8時くらいか・・・-
赤い灯の連なりを見つめ、あきらめ混じりの溜息をつく。
「6号線、現在小菅JC周辺で事故処理のため、渋滞。通過に・・」
浮かない気分に追い討ちをかけるように、ラジオから流れる声。
-はぁ・・・早く処理してくれ・・-
尽きない溜息を吐きつつ助手席を見ると、後輩のアキラが携帯を
イジりながらニヤついているのが見える。
「おいアキラ、な~に携帯いじってニヤニヤしてんだよ?
 お前のことだ、またエロサイトでも見てんのか?」
ハッとしながらも、まだニヤついた顔でこちらを見るアキラ。
「え~? 違うっスよぉ。 メールっス、メール。 この前
 できたメル友なんスけど、これがまたかわいい顔してて・・・」
心の底から本当に嬉しいのだろう、アキラの顔は更に緩くなる。
「トシヤさんは、メールとかやったこと無いっスよね?
 だって歳も歳ですし、何かガラじゃないっス。 イテッ!」
アキラの少し失礼な言い草に、思わず太股を抓ってやった。
「バカ。 俺だってそんなのはやった事あんの。
 メールとはちょっと違うけどな。 それに・・・まだ俺は若い」
「ええ? マジっスか? ちょっと聞かせてくださいよ~!
 トシヤさんのそんな話、初めてっスから!  イテッ!」
再びアキラを抓り、何かを思い出すように目を左前方に移す。
夕焼けが夕闇に変わる街の中、大きな玉ねぎに似た光が流れた・・・


(BGM入る:爆風スランプ 大きな玉ねぎの下で)


 ♪走る~走る~おれ~た~ち  流れ~る汗もそのま~ま~に ♪
-うわあカッチョいい! まさに俺にピッタリの曲だでぇ!
東北の片田舎に住む俺は、東京から送られてきたその歌にシビれた。
どこの田舎の中学生でもテレビや雑誌で見る物、東京のものに憧れる。
それに習うわけではないが、俺たちもそんな子供であって、
学校の休み時間などは、好きな歌手、番組、マンガの話などを
毎日のように飽きもせずにしあった。
「おートシヤー、この前貸したCD、ダビングしたが?」
「あ? プリプリのヤヅが? まだだがら、もう少し待ってけろ」
「じゃ、代わりにジュンスカのヤヅ貸してけろっちゃ」
「あ、いいげど。 あー、んだんだ、聞ぎだいごとあるんだげっとよ」
「何や?」
「んとよ、タケシ、爆風スランプって知ってだが?」
「あー、あのハゲっだやづ歌ってだバンドな。 何したなや?」
「誰がCD持ってねえがや? オラ、好ぎなんだわ」
「誰も持ってねえんねが? あまりうぢらでは人気ねえし」
「んだが・・・ま、しょうがねえな。自分で買うちゃ」
とは言うものの、少ない小遣いのなか、例えシングルCD一枚買う
のにも難儀するもので、誰か持っている者はいないか探したが、
結局見つからず、仕方なくラジカセをテレビに密着させ、
ちょうど良くベストテンに出た時に、録音したのだった。


中二の夏が近づき、爆風スランプは新曲を出した、らしい。
「らしい」と言うのも、新譜を知る手がかりは友達の口コミに
頼っていたような状況だったし、ベストテンに出るとしても、
ランキングされるのは少し経ってからなので、詳しいことは
なかなか知ることが出来なかったのである。
それに口コミといっても、あれからしばらく時間が経ったとはいえ、
未だ爆風スランプのファンは見付けられなかったので、
その情報を得るのには大変な難儀をしたものだ。
-どうにかして、常に爆風スランプの新しい情報を得ていたい-
その思いを胸に、日々を送っていた時、一つの情報を得た。
「パチパチって雑誌に、よく出てるよ」
どうやらその雑誌は、人気があるバンドだけでなく、あまり
日の目を見ないようなバンドまで扱っている上、俺らのような
素人同然の者でも読みやすい誌面であるらしい。
-よし、いっちょ買ってみるべ-
授業の終了と共に本屋へ向かい、PATI-PATIを手に取った。


「ただいま~ めし~ はらへったず~」
「おかえり。 まだご飯出来でねえよ? 帰んの早がったし」
「んだが、んじゃ後ででいいや」
バレるはずはないのだが、鞄に本を隠していることを悟られない
よう、さりげなく鞄を背に向け、部屋へと入った。
エッチな本ではないものの、やはりどこか後ろめたい気持ちが
あったのだ。 ロックやバンドは、不良がやるものと言われてもいた。
ベッドの上で、鞄から本を取り出し、宝物のように表紙を眺める。
表紙にはたくさんのバンドの名前が並んでいて、なるほど、
教えてもらったように、メジャーなものだけでないことがわかる。
その数ある名前の中に、爆風スランプの名前も見付け安心する。
「ほう、新曲は”リゾラバ”っていうのか・・・」
「メンバーの名前、少し変だよな。何だよパッパラーって」
特集を見ながら一人ごちていると、下からかあちゃんの声がした。
どうやらご飯が出来たらしい。 本を閉じ、階段を下りた。


夜ご飯を済ませた後、またベッドで本を読んだ。
爆風スランプだけでなく、他のバンドも好きだったので、
時間はかかったが、本の隅々まで少しを残し、読み終えたような
状況になった。
-ちょっと高い出費だったけど、買って良かったかな・・・-
時間も11時を過ぎた。 もう少し読んで寝よう。
そう思った時ある記事が目に入った。
「ん・・・? 文通コーナー?」



10/28 現在ここまでとなっております。
   次回更新は。。。未定です(^^;
   早く書きますので、許してにゃんまげ(’▽’)

 
スポンサーサイト

100万回いきたねこ  -sivasix版-

いつのことかわからないくらい、大昔のことだったといいます。
まだ今よりも動物が少ない時代、一つの生き物が生まれました。
その時代では、他の動物同様、まだ名前はありませんでしたが、
だいぶあとになって「ねこ」と呼ばれるようになったのです。

ねこが初めてこの星に生まれた時、ねこだけでなく、様々な動物が
一緒に生まれました。
今も怖いときがあるけど、優しい犬。
海の中を右に左に泳ぐ、俊敏な魚。
大空を自由に羽ばたく、優雅な鳥。
森に住む少しケンカっ早い、力持ちの熊。
そのほか、いろいろな生き物たちが、時には力をあわせ
時にはいがみあい、この星の上で暮らしていたのです。

その時が訪れたのは、ねこが生まれて数年が経ったときでした。
体が大きくなり、生きるための理も知るようになりましたが、
体の調子がおかしくなってきていることに気がつきました。
狩りをしていても疲れるのが早くなり、また、走るときも
前と同じような速さで走ることができなくなってきたのです。
そして、体のあちらこちらも痛くなってきた。
やがて動くこともままならず、巣にいる時間も増えました。
エサは蓄えてあったし、ほかの動物たちが時折運んでくれるので、
どうにか生きることだけはできましたが、体の痛みがひどくなる
だけでなく、物を考えることも次第にできなくなっていったのです。
体が動かなく、思考も薄らいでいる時間が長くなりました。
それに加え、近くに住んでいた動物たちもあまり近寄らないように
なり、命の灯が消えるのは、そう遠くないでしょう。
でも、ねこは、それがどういうことかわかりませんでした。
初めて授かった命であったこと、生きるもの全てに訪れる死という
道理、自分自身が生きている理由、全部わからなかったのです。
「ぼくは何だったのかな・・・」
太陽が何回か落ちた日の夕闇、ねこはそう思い死んでいきました。


最初のねこが死んだあと、地球にはたくさんの猫が生まれました。
体が大きかったり、毛が長かったり、同じ動物ですが、少しずつ
体も変わっていったのです。
ねこの死後から数年経ち、あるところに、一匹の猫が生まれました。
その猫自身はもちろん気がつかないのですが、その猫は、ねこの
生まれ変わりだったのです。
ねこが死んで数年しか経っていないとはいえ、猫だけでなく、
他の動物のあいだでも「生きること」や「死ぬこと」について、
少しずつわかってきたといいます。
やがてそのねこにも死が訪れました。
でも何も感じずに、死を静かに受け入れたのでした。


その後もねこは生まれ変わり、いろんな生き方をしました。
孤独に生きるときもあれば、他の猫と一緒に暮らしたりする、
生まれてすぐに命を落とすことも多々ありました。
新たに生まれた、人間という生き物と暮らすこともあったようです。
ねこは、生まれ変わりだとは気付かず、いろんな生き方をしました。


人間と暮らすようになり、永遠とも思える時が過ぎました。
ねこや猫、動物達が生きるためには、少々やっかいなことが
あるとはいえ、それでも昔よりは生きやすい環境だったのでしょう、
少しずつ命も永らえるようになりました。
病気をしても治してもらえるし、食べるものももらえたので、
人間と一緒に暮らす動物にとっては、天国のようだったといいます。
それがずっと続くことと、人間だけでなく、動物達も思っていた
のですが、ある日、それは突然に崩れ去ってしまったのです・・・


いつものように、ねこは縁側に眠っていました。
その日は五月蝿い子供たちもいなく、静かに眠っていたのですが、
いきなり地面が揺れたかと思うと、一瞬のうちに周りが熱くなり、
それを感じる間もなく、ねこは命を落としたのです。
人間達が争いを始めて、その争いに勝つために爆弾というものを
落としたのです。
その爆弾が落とされたことによって、ねこや動物だけでなく、
世界にいた沢山の人間が死んでいきました。
何十億という人間や動物の命が瞬時に消え、地球に残った生き物は
それまでの何百分の一、いえ何万分の一になってしまったのです。


爆弾が落ちても、ねこは生まれ変わることができました。
数が少なくなったとはいえ、それでもまだ動物は生きていたのです。
人間がたくさんいたとき程は生きやすくないけれど、
遥か昔のように、何とか生きていくことはできたのです。
そんな中、ねこはまた生まれて、そしてまた死んでいくのです。


何回目の生まれ変わりかわからなくなった時、またねこは生を
受けたのですが、それまでとは様子が違っていたといいます。
母猫と一緒に生まれた他の猫たち、そして周囲にいる少しだけの
動物を除くと、命の気配がまったく感じられないのです。
動物だけでなく、あれだけあった緑すらも殆ど残っていません。
それでも他の動物が死んだものを食べたり、わずかに残る水を
飲みながら、何とか命だけはつないできました。
しかし、それすらも無くなりかけ、他の兄弟たちも命を落とし、
ついに、ねこ一匹だけとなってしまったのです。


「にくが食べたい・・水が飲みたい・・・・・」
行けども行けども乾いた土が続く大地を、ねこは彷徨います。
たまに見つける草を食べるのですが、ねこの体は限界に近く、
何かを食べた感覚すらも、失ってしまっていました。
絶える事の無い空腹感や、逃げ場の無い照り付ける太陽の暑さが
ねこの思考や、命そのものを奪っていくのです。


何も口にしていない日々が続き、既に数日。
ついに、ねこの命が失われるときがやってきました。
「・・・・・」
何も考えられなくなり、ただ薄れ行く意識だけを感じて
ねこは岩場にできた、日陰に体を横たえました。
思考も途絶えかけたとき、一つのことを思いだしたといいます。
「そういえば、昔おなじようなことがあったような・・・
 あの時も食べ物がなくなったんだよな。
 そしてこう思ったんだっけ、”ぼくは何だったのかな”って。
 あれから何回か生きた気がするけど、何だったんだろう・・・」
そう思い、ねこは静かに目を閉じました。


「ねこや、ようく聞きなさい」
・・・? 何者かの声がねこに囁きかけます。
「これまでよく頑張りましたね。 でも、もうよいのです。
 何度も命を授けましたが、こたえが見つかりました。
 ”自分は何だったのか?”と疑問を感じたようなので、
 それについてこたえましょう。
 あなたが生きた理由、それについては他の動物達全部に当て
 はまることなのですが、命を繋いでほしかったのです。
 この星に生命が誕生して、かなりの時間が経ちます。
 生まれては死に、そしてまた新しい命が生まれる、地球では
 それが繰り返し行われてきました。
 これも、あなただけでなく、他の動物も同じなのですが、
 個々の動物が生きる理由や目的などはないのです。
 理由があるとすれば、さっきも言ったように唯一つ、
 命を繋ぐこと、だけです。
 これまで何種類かの動物が、永遠に続くと思えるような
 繁栄をしてきましたが、どの動物も環境の変化や、同種間での
 対立のせいで、滅んできました。
 結論はまだ出せませんが、同一種が永劫に繁栄するのは無理なの
 でしょう、とわたしは考えたのです。
 なので、同一の動物で繋ぐことはやめにして、たくさんの種族で
 命を繋ぐことを試みました。
 その結果の一つが、あなた達のような猫であったり、他の動物
 だったのです。
 わたしはもう少しだけ、動物の可能性を信じてみようと思います。
 あなたには想像もできないとは思いますが、ここからずっと
 離れた所に、今新しい命が生まれようとしています。
 その動物が、これからどのような命の紡ぎをするかわかりま
 せんが、しばらく様子をみたいと思っています。
 ねこ、あなたは本当によくやってくれました。
 猫という動物を創造してよかったと、わたしは思います。
 永い間疲れたでしょう、ゆっくり休みなさい・・・」


それを聞き遂げたねこは、二度と開かないと思われた目を少しだけ
開け、雲ひとつない、澄んだ青い空をじっと見つめたあと、
また目を閉じ、永遠の眠りについたのです。


遥かな大地、新たな生命が同じ空の下で、目を開けようとしていた。







Copyright © siva Culture. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。