秋の夜長は文字を読め

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きゃあきゃあ小ネタ集
土曜日から久々のレギュラーワークに就いたsivasixです。
職場は上野にあり、30分ほど電車に揺られながら往復してます。
人が物凄く多くて「今日はハレの日?お祭り気分?」と、
毎日思っている次第でございます。 職場がアメ横の近くですし。
で何の仕事に就いたか?というのは、ここでは書けません。
別に脱法的な仕事ではないのですが、ちょっと言うのが躊躇われる
ような仕事内容でして。。。と言っても、風俗でもないです。
聞きたいお方は、どうぞフレパのメッセにでもご連絡をば。
返事は水曜日にできます。たぶん(爆)

参院選
当初の予想通り、与党が惨敗してしまいましたね。
でも、あすこまで民主党が議席数を伸ばしたのには驚きです。
これは「自民には入れたくない。かといって他の党もなあ。
じゃあ一番まともそうな民主党に入れとくか」というのが
多々あったのではないでしょうか。
僕は投票には行きませんでした。
「自民だけでなく、他の政党にも期待できなかったから」です。
外っつらだけで判断するのも、少し浅はかな面もあるのですが、
(もちろん政策等についても考慮しましたけど)
どの選挙演説を見ても、くだらないものが多すぎたと感じ
ています。 変なパフォーマンスを演じていたり、とか。
ほか、「年金・カネ・9条etc」は確かに大事なポイントです。
でも、本当に国民の立場に立って考えられるか? そこを
アピールしているような政党は無かったように思いました。
これからどのように政治が変わるか見ものです。
続投を決めた安倍首相の政治力に期待しましょう。

27時間テレビ
フジテレビさん、よくわかんないけど「なまか」は流行らない
ですよ、たぶん。 何の恥じらいもなく使っている輩が
いそうで怖いです。 いるでしょうけど。
27時間本体の方は、あまり観てないのでわかりません。スマヌ。

夏の思い出パインサイダー
先日帰郷して、やり忘れたこと。
我が故郷山形には「パインサイダー」という、地ビールならぬ
地サイダーが存在しています。
それを飲むのを忘れていました。 めちゃ後悔しています。
パインの味はしないものの、フルーティな味がしてウマイのです。
蛍光イエローな外観が、着色料てんこ盛りを想像させますけど、
飲まれ続けているってことは、そんなには害は無いのでしょう。
とにかく、それを飲み忘れたってのは、大きなミスでした。
今度の帰郷では忘れないようにしないとね。
今も売ってるかどうかわかんないんだけど。。。

ビーチボーイズ何たび?
関東地方のお住みの皆様、またやってきましたね、アレが。
そう、夏休みの季節になると毎年再放送している、題名のソレです。
しかし、広末が若いです。 まだ16,7歳の頃のドラマですからね。
放映当時から数年、反町も竹之内豊もスッカリ見なくなりました。
盛者必衰の理を表しているとは、まさにこの事でしょう。
あと何話放映されるか不明ですが、手違いで途中終了してください。
さすがに飽きられてるでしょうに。
スポンサーサイト

ヒヤヒヤ小ネタ集
そりゃチガウダロ
いつから弁護士は「あったことをなかったことにする」ような
活動内容になってしまったのだろうか。
弁護士の役割は「検事や検察からの不当な扱いを、少しでも
なくする」ように、被告の不利な部分を補う役割であったはずだ。
それがどうだろう? 大きな事件を見ればわかるように、
一つ間違えば、殺人事件でさえ無かった事にしようとしている
弁護士が大半ではないか。
公平な立場に立てる、その意味をどうか踏み違えないでほしい。

次は誰かな?ワクワク
久間元防衛相に続いて、今度は新農水省大臣が何かやったらしい。
ここで考えたいのは、どういったことで騒がれているかだ。
今度の赤木農水大臣は「自宅を事務所と申請し、その事務所費を
不当に(?)受給していた」ニュースを見た限り、こんな感じで
騒がれているのだろう。
今回の件は、法律や規則にはかろうじて触れていないらしい。
ただ、「何となく悪いことなんではないか?」ってことはわかる。
どの局の、どのニュースでも言ってなかったのだが、問題は
こういうことなのではないか?と思う。
「自宅を事務所として申請しているのなら、その居住にかかって
いる光熱費や通信費まで、その事務所費で賄われているのでは?」
個人的に、この件で問題にするなら、ここしかないと感じるのだが。
議員宿舎やその他で騒がれているように、やっかみや人道的、
及び感情的な文句は止め、筋道立てて追い込んでみてはどうだろうか。
しかし安倍さんはカワイソウだな。
小泉さんの後釜ってだけでも相当苦労してるはずだし、大臣衆の
あの問題児っぷりときたら。。。
安倍さん以外、全員裏で口裏合わせてねえか?w

夢のカード
プロレスでは「普段は考えられないような、他団体のスターや
代表選手同士が戦う」ことを夢のカードという。
実はと言うか、芸能界でもこんな夢のカードが幾つか存在する。
たとえば「とんねるずとダウンタウン」 何故共演しないのかは
不明だが、芸風やら何やらに問題があって難しいのだろう。
ダウンタウン絡みで最も理由がわかりやすいのが、爆笑問題だ。
昔テレビブロスだか何かで、太田がまっちゃんのことをバカにした
ような文章を書いたのが、その原因らしい。
文章掲載後に爆笑問題が楽屋に呼び出され、お小言をいただいた
のは、けっこう有名な話である。
その爆笑問題絡みでは、浅草キッドとの騒動も有名な話だろう。
これまた太田が、ラジオ番組中に浅草キッドをからかう様な発言を
し、その番組中にキッドのどっちかが突撃してきたのだ。
その件以来、両コンビの不仲が伝えられてはいるが、幾つかの
番組で共演しているし、最近ではあまり不仲でもなくなってきて
いるようなので、そんなには「夢」とは言えないのかなとも思う。

アイドルとかそっちの方面でも「夢」は多い。
よく知られている例ではジャニーズの件で、たとえば、windsだとか
ダパンプ等の、他事務所のイケメン達と共演することは、ほぼ無い。
これは、社長ジャニー喜多川の方針「ジャニーズがNO1主義」の
現れであって、「互いのファンを食い合わないように」などの
配慮された理由では決してない。 また、一回ジャニーズを抜けた
タレントに対して厳しいことでも、その力は知られている。
女性タレントではどうだろう。
最近の例だと「沢尻エリカと長澤まさみ」が有名らしい。
沢尻エリカ、相当勝ち気でケンカっ早いらしいしね。
噂話だが、「沢尻会」なる組織を造っていて、生意気な
タレントやライバルタレントをイジめているらしい。。クワバラクワバラ

ま、そんな「夢のカード」ですが、個人的に
「和田アキコと沢尻エリカのガチ対談」を、ぜひ観てみたいと
思ったりする。 ゴッドねえちゃんの力を見せてくれ!

ブンブン小ネタ集
誤解か本音か
久間防衛相が「しょうがない発言」で辞任した。
どういうつもりで、ああいう発言をしたか定かではないが、
やはり誤解を受けるような発言は慎むべきなのだろう。
氏が言っていたように、誤解を含んでいる部分もあると思うし、
核を容認しているような発言だったとは、個人的には
あまり思えないのではあるが「しょうがなかった」という
言い方は、さすがに無いだろうとも思う。
そして何より、あのコメント中に浮かべられた、言いようのない、
多少笑みを浮かべているような表情、あれは止めるべきだ。
これで自民への、国民による不信感が更に高まったのであるが、
参院選の結果が楽しみだ。 別にアンチ自民ではないけれど、
自民が楽に勝ったら、日本を捨てる覚悟を持ったほうが
いいかも知れない。 それ程国民は馬鹿ではないと信じたいから。

旧友との再会
ブログを書き終わってヒマが出来たので、昔の知人の名前で
検索してみた。 何でかはワカラン。
すると、結構な頻度で遊んでいた人が、今も同じ名前で出ています
だったではないか。 不安を感じたが、さっそくコンタクトを
とるべく、その掲示板にメッセージを残してみた。
そして、その返事が今日来てて、まさにその人だったのである。
詳しい数字は忘れたけど、約8年ぶりくらいの再会を果たしたのだ。
僕には三回くらいのネットはまり時期があって(今は三回目である)、
その人と遊んでいたのは、第一期の時なのです。
少しだけメッセをして今日はバイバイしたけど、ホント元気そうで
何よりだった。
その時代は主にチャットで遊んでて、僕が師匠で、その人が弟子
みたいな感じでやってまして、かなり親交が深かったものでした。
サクランボと但馬牛を送りあったり、誕生日プレゼントも貰った
ものです。 今日話してて、思い出がヒュンヒュンとよぎりました。
元気そうで何よりでしたし、今後もお互い元気でいたいものですね。
個人的な懐かし&嬉し話で、すまんでした。

オヤジ症候群を阻止せよ!
最近、オヤジ化している人が多くなってきてますね。
説明しときますが「オヤジ=男性の年配者・中年」ではなく、
「不快なことを平気でする人」をオヤジ化してる人を「オヤジ」と
称して、この項は話を進めさせていただきます。
・なんであなたは、店員に対して偉そうなのですか?
・なんであなたは、ものを食べるときにクチャクチャ音を立てたり
 ものを入れたまま喋ったりするのですか?
・なんであなたは、各種ボタンを押すときや、ドアを開けるときに、
 思いっきり力を込めて、押したり閉めたりするのですか?
・なんであなたは、必要以上の大声で携帯で喋ったりしますか?
・なんであなたは。。。
オヤジは何故嫌われるか? それは不快な事を平気でするからです。
僕も気をつけないといけませんね。

僕は誰?
さて唐突ではあるが、自分が過去にあった何かを思い出してみて
ください。 目を瞑って、誰かと話していたり、何かをした場面、
そんなもので結構です。
はい、思い出してみましたか? まだだ? やってみてください!
何を思い出したでしょうか? 好きな人と話してるところ?
楽しかったあの頃? それとも。。。
ま、そんな場面なんぞは、正直どうでもよいです。
ですが、その思い出していた時の視点はどうでしたでしょうか?
普通思い出というものは、自分の目で見た視点からしか浮かばない
はずです。 それなのに。。それなのに!
全員そうではないと思いますが、人によっては、自分とその相手、
もしくは、自分とその場面のみを、斜め後方辺りから眺めてる風に
見えてなかったですか? 何かの映画みたいなアングルで。
斜め後方ではなくて、別アングルだったとしても結構ですが、
こういう風に思い出す人、わりと多いみたいです。
僕もそうなんですが、この現象はちぃとばかり不思議ですよね。
脳の作用によるものか、記憶の何かがあれなのか、
まだまだ人間には謎が残されてそうです。
Copyright © siva Culture. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。