秋の夜長は文字を読め

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼しげ小ネタ集
読書感想文「100万回生きたねこ」を読んで
                      3年4組 sivasix

いつも遊んでくれるmakiおねえちゃんの所に書いてあって、
前から気になっていたので、読んでみました。
あらすじだけを書いて終わるのは、本当の子供みたいなので
やめておきますが、少しだけ書いておきます。

ある所に一匹のトラねこがいました。
その猫はいつも誰かに飼われていて、そしていつも死ぬときには
飼い主が悲しんで泣いてくれます。
でも、ねこ本人は全然悲しむ様子はなく、それどころか、
嫌いにさえなっていることもあったのです。
そうやってねこは生き、死んでいくのでした。
やがて時は過ぎ、ねこは100万回めの命を授かりました。
ねこに、これまで体験したことのないような事が訪れます。
白猫との出会い。
恋に落ち子供も生まれ、そして。。。

タイトルから想像していた内容とちょっと違っていたり、
物悲しい気分になったりもしましたが、それでも面白くて、
とても良いお話だと僕は思いました。
輪廻転生を感じさせたり、人間の死生観、人やペットの
間に起きる「別れの悲しみは、遺された者に強く残る」みたいな、
僕にはまだわからない、深い想いを考えさせられる
お話だったんじゃないかな?と僕は話を読んで思いました。

僕もねこに生まれ変わったら、makiおねえちゃんや
ララおねえちゃん、同級生のすずみんちゃんとかに飼われて、
額やアゴの下(のどではなし)を指先でウリウリやられたいと
思いましニャ。ゴロゴロゴロ (歳の相互差、合ってるのか?(^^;)
ジミへん兄ちゃんは優しそうなので、もし女の子に生まれ
変わったら猫まっしぐらで飛んでいくと思います。
ichigo兄ちゃんは、有無を言わさず蹴っ飛ばされそうなので、
何に生まれ変わっても、あまり近寄りたくないです。嘘です。
そんなわけで、僕の感想は以上です。

泣いた黒船
昨日の夜中、TBSの番組に、グラビア界の黒船こと
リア・ディゾンたんが出演していて、それについて少々小話。
安田美紗子ちゃんや山本梓ちゃん等とともに、秋葉原に行って
いたのだが、まあ酷かった。
リアたんのやる気の無さが、もうズバリ丸見えだったのだな。
どれぐらいかと言うと、一昔前の薄消しレベルくらい。
もっとわかりやすく言うと「お前これ、裏じゃねえの?」くらいに
モロ見えになっていたのですよ。
ツンデレ喫茶にも行って、ツンデレ店員の真似ごとをしたのだが、
多分、半分くらいは本気で切れてたと思うw
ま、僕のリアたんは「ちゃんとした音楽活動をしたい」というのが
日本に来た理由らしいし「バラエティにもあまり出たくない」と
いうのが本音であるらしいので、その気持ちは少しだけわかる。
でもリアたん、それはちょっと難しいゾ?
ちょっと前に流出した、アメリカでの仕事写真の件でナーバスに
なっているのもわかる。
しかし、もし歌で勝負を賭けるとしても、バラエティぐらいは
もうちょっと愛想良くした方が良いと思うなあ。。。
ほしのあきに惨敗っぽいですけど、がんばってください。

結果待ちの今日この頃
先日、小料理屋というか、酒処にお仕事の面接に行ってきました。
チェーン店の居酒屋とは違い、個人で経営しているためか
店は小さいのですが、とても落ち着けそうで、いい店なのです。
料理の腕を上げるためと、将来に向けて少しでも役に立ちそうな
技術を学べるのではないかと、そこに行こうと決めました。
僕のほかにも何人か志望者がいるらしく、結果は今月中に伝えると
いうことなので、今日を含めてあと3日で判明します。
受かってると良いなあ ドキドキ。。。
スポンサーサイト

ふにゃふにゃ小ネタ集
久々に観たい映画が
「怪談」と「ベクシル」ですよ。
怪談のほうは、やけに色っぺえ若旦那が奥方や娘っ子を
アレやコレやしまくる、真景累ヶ淵という怪談をモチーフにした話。
話自体が、オカルトというよりか、和風怪談であるところや、
時効警察で好きになった麻生久美子さんが出ていたり、
他にも美女な女優さんが沢山出ているのも、見たい理由の一つなのだ。
最後がどういったものになっているか楽しみです。
原作通りの結末になっているか、それとも。。。

ベクシルのほうは、もうVFXバリバリのCG映画。
CG作品をVFXバリバリと言うかどうかは不明だが、まあ間違いでは
ないだろうかと。
2077年という未来の話で、その世界では日本が技術力を盾に
幕末もビックリの、鎖国をしているという設定になっている。
そこへ、主人公のベクシルをはじめとする、特殊部隊みたいな
チームが突入する、というのが、今作の大まかなあらすじになる。
さんざん流される煽りCMを見るところ「機械に征服されている
日本」みたいな光景が目に浮かび、この予想だけは外してほしいと
願いつつ、多分そうなんだろうなあ。。。とも思っていたりする。
ストーリーも楽しみなのだが、もう一つ、そのCG映像もすごく
期待しているのだ。
モーションキャプチャーという技術は、けっこう前から
ゲームや映画などで使われている技術だが、この作品でも
それは使われていて、それはどういうものかと説明すると、
実際の人間の動きを取り込んで、それをCGのキャラに当てはめる、
簡単に説明すると、こんな感じになる。
その技術を使っているせいか、キャラの動きは実際の人間っぽくて
すごくリアルなのだ。
それ以外のCGもすごそうで、コンピウタ好きな自分にとって
色々と興味をそそられる作品なのです。


小池百合子って、面白いな
「マダムスシと呼んでください」だって。
ライスさんも、自分の名前をダシに使われて気の毒に。。。w


NHKは時々良い仕事をする
今週はじめくらいから、夜中三時にNHK総合で特集している
「爆笑問題のニッポンの教養http://www.nhk.or.jp/bakumon/」を
毎日楽しみながら観ている。
爆笑問題の二人が、毎回テーマごとの専門分野の人に話を聞きに
行くというのが、番組の趣旨になっているのだが、すごく面白いのだ。
それらの、哲学だったり宇宙だったり生命の話だったりの
話も面白いのだが、太田の毒と知識が絡み合ったような話術と、
田中の能天気気味な話し方が、それらの科学的な話と混じり
合っていて、そんなに気取らずに観ていられるのも良い点だ。
冒頭でも書いたが、時々NHKは良い仕事をする。
この番組もそうだし、前にやっていた「脅威の小宇宙・人体」の
シリーズも素晴らしかった。
こういう番組ばかりだったら、喜んで受信料も払うんだけどなあ。

真夏の昼の怖い話
え~またお会いしましたね、siva川淳二です。
喜んでいただけましたでしょうか?
暑いは夏、夏はスイカ、スイカは怖いということで、
色んな意味で怖い話でもしてみます。

木の穴に蠢くもの。。。
あれは僕が小学4年生か、それくらいの時の話だと思います。
それぐらいの歳の子供はカブト虫やクワガタが好きですし、
また、田舎ということもあり、自分で捕れたりもします。
季節は夏、まさにカブト虫の季節がやってきました。
僕が当時住んでいた村山市には「東沢公園」という、バラ園で
有名な公園があったのですが、夜遅く、そこに虫を捕りに
一人で出かけたのです。 その公園は山も近く、そして虫が
寄りやすいような、大きな水銀灯が沢山あったのです。
時間は夜10時前後、自転車を漕ぎ公園に向かいました。
夏なので背中に汗がしたたり落ちます。
まずは公園の奥に行こうとするのですが、公園とはいうものの
相当な広さがあり、辿り着くまでに5分は自転車を漕がなければ
なりません。 そんな努力も虚しく、カミキリくらいしか
奥のほうでは捕れなかったのです。
戻る途中で中ほどの所でも成果は同じで、諦めて帰ろうとした時
公園の入り口付近にある、大きな木が目に入りました。
そして木の横には水銀灯、木の下の部分、ちょうど自分の目線に
あたる所には穴が開いていました。 
「こういう所には虫が寄ってきやすい」という事を知っており、
僅かな望みを託して木に近寄っていったんです。
自転車を引きながら木に近づく僕。 近づくにつれ木の穴の中も、
何とか見えるようになってきた。 何か虫のような物が動いている。
「キタ!キタコレ!何がいるんだろう!」と距離を縮める。
顔を穴に近づける。 想像以上にそれは沢山いるようだ。
「なんだ!? カブトかクワガタか!?」穴の中に顔を入れた。
そこで目に飛び込んできたのは。。。




大量に蠢くゴキブリの大群だった

ギャー!(楳図文字風)
どう少なく見積もっても8千億万兆匹はいるだろう、そのゴ(自粛)を
見てしまった僕は、一目散に逃げ出した。 思いっきりコケた。
でも何とか自転車に乗り逃げ帰ったのだ。
その日以来、長い間その公園には近寄りたくなくなっていた。。。
幼き日の恐怖体験でした。
喜んでいただけ。。。たでしょうね。siva川淳二でした。
まんじゅうこわい 女の人の脚や足がこわい
おあとがよろしくなさそうですね。

くりくり小ネタ集
続・実は聞いてほしいんです
またまた怪しいお仕事の話でも一席。
その業務では、ある程度ですが一時間の攻撃回数の
ノルマがありました。
だいたい30回の攻撃が目安となっていまして、
それを下回ってばかりいると、別の過酷な対戦場所に
移されてしまうわけなのです。
一時間に30回として、8時間勤務だったので、1日に
240回の攻撃ですかね。 それを10日間やりました。
多分これまで生きてきた中で送信したメール。。。おっと、
攻撃した回数より多くなってるはずです。
日々リアル対戦を求めている、登録者の中には色んな方々が
いました。
本当にピュアな対戦を求めている方、はっきり肉弾戦を
求めていると言い切って、肉弾な攻撃ばかりしてくる方、
実生活で何かがあって、その淋しさを紛らわせようとして
ここに登録している方など、目的も年齢も職業も、
様々な人々がいたものです。

でも悲しいかな、その攻撃方法があまりにも弱すぎると言うか、
多分ほかのまっとうな対戦系サイトに行っても、
リアル対戦まではいけないんじゃないかなあ。。。という
攻撃が多かったのには参りました。
誠実さが微塵も感じられなかったり、すぐに武器や防具を
交換し合おうなどと言ったり、ネット対戦し始めたばかりなのに、
いきなり数回の攻防だけで、その後の攻撃がリアル対戦しよう
ばっかりになったりと、ちょっと自我が出そうになることが
多くて、返し技には苦労させられたものです。
ま、こちらの囮攻撃もひどいんですけどね。。。(^^;
あとはそうだな、変なクセが付いちゃったりします。
返し技にも色んなルールがあり「攻撃名や内容を何文字以上に
すること」だとか、「攻撃を終わらせる時にはこうしなさい」
だとか、こまい設定がたくさんあるのです。
おかげでブログのタイピングにも影響が出る所でした。
短かい攻撃で、効果的な力を発揮できる技を習得できたことは
思わぬ収穫になりそうですけどねw

ま、そんな仕事は昨日でおしまいにしました。
面白い仕事だなとは思いますけど、長く続けるような
仕事ではないでしょうし。。。

僕の夏休み
明日辺りから、会社勤めの方々の夏休みが始まるそうですね。
皆さんはご家族で、どこかに出かける予定を組んでおられる
ことでしょう。 うらやましいな、おい(’▽’)
と言っても、僕自身は出不精ですし、人が多いのは嫌いなので、
実際のところ、そんなに羨ましがっていないのが実情です。

夏休みというと旅行ですが、僕も子供の頃は色んな所に連れて
行ってもらった記憶があります。 一番多かったのは海です。
親父が釣り好きだったこともあり、ほぼ毎年のように
海に連れられて行きました。 山形ですから由良とか湯の浜と
いう所になります。 それと飛島という島にも行きました。
ここではサメが釣れたのが記憶に残っています。子ザメですけどね。
それ以外は。。。ごめんなさい、あまり記憶にないのです。
っていうか、海以外は、あまり連れてってもらってなかったような。。。
そんな気がします(^^;
カブト虫取りや、川釣りにでかける事はありましたけど、
どこか有名な観光地やリゾートなんぞには行った事がないですね。

どこかの誰かの土産話、心から期待しております(^^)




ぎゃあぎゃあ小ネタ集
実は聞いてほしいんです
が、誰も聞いてくれないので、自分で言っちゃうですよ。
今やっている仕事は、インターネットに関する仕事なんです。
詳しく話すのは怖いので、他の事に変換して話しますけどね。
ネットを使うんですが、まあオンラインゲームとでも
言いましょうか、全国に散らばっている、登録ユーザーと
対戦ゲームをしています。
ゲームの内容は、まあ単純に相手のライフポイントを削れば
勝ちみたいなものでして、アクセスしてきた人と対戦をして、
そのポイントをなるべく削るのが、僕たちのようなバイトの
役割になっています。
それで、このゲームにはある特徴があります。
それは「お互いの都合さえ合えば、実際にあってリアルで対戦
できる」というものでして、登録しているお客さんの大半は、
そのリアル対戦を目的として、ここにアクセスしているわけです。
なかにはネットだけの対戦で満足しているお客さんも居ますが、
そういうのは、ほんっっっっとに稀ですね。
で僕たちはそのリアル対戦を約束しつつ、でも避けてポイントを
削るという仕事をしてるんです。
ここで問題になるのが、そのヒットポイントみたいのを増やすのに、
ちょっとだけ料金がかかるんですね。
それプラス、武器や防具みたいな物を相手に送ることも
できますが、それをするにしても高い料金が必要でして。。。
リアル対戦するのに効果抜群なアイテムなので、値段は
高めになっていて、1○円ほどかかってしまいます。
それで、実際にリアル対戦できれば良いのですが、避けるのが
基本的な仕事なので、できる確率は、ほぼ0%だと思います。
まあそういう仕事なんだろうなとは思っていましたけど、
ちょっと良心の呵責を感じているので、明日の契約期間終了を
もって辞めます。 お給金は良いですが、ちょっと酷いですし。
この説明で、どういう仕事なのか、わかったでしょうか?
できるだけわかりやすく、それでいて上手くボカしたと
自分では思ってるんですが、どうでしょうか?
正解者には草加せんべいでもプレゼント。。でも考えておきますw
でも、コメントでズバリな言葉は使わないでくださいね。。。

出勤前の通り道に
落語や演芸を観せてもらえるような、上野広小路亭という
所があって、ちょっとした興味が沸いています。
呼び込みのおじさんがその前に立っていて、詳しい事を聞こう
聞こうといつも思っているんですが、つい聞けずじまいで。。。
自分のような若者が行って迷惑ではないか?こんな服装で
行っても大丈夫?値段はどれぐらい?などなど、今まで
行ったことがないような場所なので、少し聞いておきたいのです。
落語とか演芸に興味があるだけなので、もしそこにヨシモトの
劇場があっても、行きたいとは思わなかったでしょうね。
だって、テレビでいつも見れるようなものは、あまり面白そう
とは感じないでしょうし。。。非日常だから良いんです。
今度、勇気を出して初めての落語、行っちゃおうかな。

ったくどうしようもねえ。。。ですよ
毎日暑い日が続いていますね。汗が滝のように流れ出て、
僕のダムも干からびる寸前ですのsivasixです。
参院選も終わり、自民の大敗やあれやこれやと
伝えられていますが、今回はそれについて書いてみるです。

僕は安倍さんを心から応援します!
判官贔屓になるかもですが、本心からそう思っています。
怒りも強いので、少々言葉が乱暴になるのはお許しください。
自民党のセンセイ方に言いたい。
あなた達は、いったいどうしたいんですか?と。
結局赤城さんは辞めさせられちゃったけど、それでも文句は
出る、退任させなきゃ退任させないで、文句言う。
結局、自分たちが負けたのを、誰かのせいにしたいだけじゃんか。
そうですよね?今回の参院選の大敗後に、安倍首相の責任論が
党内からも噴出したけど、お前ら、原因はそれだけでは
ないってわかってるんですよね?
散々、首相指名選挙の時は持ち上げておいて、で見返りが
求められそうになくなったら、それですか?
確かに内閣組成に問題はありました。 大臣の指名の仕方も
問題だらけですよ。 それでもって、決断力も甘い。
その上小泉さんの後で、カリスマ性も欠けている様に思われる。
これじゃ安倍さんがかわいそ過ぎますって。
感情のみでこの問題は片付けられないのは、十分わかってます。
ただ、その周りの自民党員が、あまりにもアホすぎます。
昨日だかおとといに、自民党代議士会だか何だかで、
面と向かって辞任をすすめられてましたね、安倍さんが。
じゃあお前らはどうなんだと?
何か国民のためにやってくれたんですか?
首相の支持率低下や年金問題、松岡前農相~赤城前農相の
問題だけを見て、それだけで自民党の求心力が低下したとか
思ってるんじゃないでしょうね?
原因や問題は、あんたら全員にあるんですよ。
これは自民だけに限らず、他の政党も入るでしょうけどね。
それをわかろうともせずに、批判ばっかりするなって。
今後安倍さんは、じわじわと追い詰められていき、結局は
退任させられるでしょうけど、何とか頑張ってほしいです。

川田龍平の今後を考える
以前、HIV訴訟で原告側として、実名を公表した川田氏が、
この参院選で当選した。 党はどこか忘れました。。。
党名、及び政策についても、実を言うと知らないんですが、
過去の経緯を顧みると、そういった薬害のことや、人権に
関わるような政策を持っているということが、うかがい知れます。
政界に入った川田氏であるが、今後どういった活動をするのか、
個人的に注目しているところです。
これは、以前「ゴーマニズム宣言」という、小林よしのり氏
が描いている漫画に、薬害訴訟や川田氏のことに
ついて描かれていたことがあり、少なからず興味があったもの
でして、今回の選挙に立候補した時から、注目していました。
見事当選を果たした彼は、これからどこへ向かおうとしているの
でしょうか。 国民のために活動するのか、それとも、
自分の名誉欲を満たすために、堕落の道を辿っていくのか。。。
今回だけでなく、これまでの彼には、こういう見出しが付いて
まわっていたはずです「HIV訴訟の」川田氏と。
薬害のことは本当に気の毒ですし、凄く大変なことだったでしょう。
ただ、これから活動するにおいて、それは大きな武器にはなりこそ
すれ、川田氏にとっては、あまり良くない事ではないでしょうか?
いつまでも「薬害訴訟の川田さん」じゃ、今のままで前進できない
と思うのです。
当選直後、厚労省に向かい、厚労相に面会を求めた(アポ無し)
そうですが、そういう無作法な所にも、少し疑問を感じますし。
漫画にも描いてありましたが、そういう人なんですかねえ。。。

そんなんで怒るのかいな
ニュースでやっていたのだが、どうやら広報誌で
年金未納者を妖怪扱いしているとして、どこかの誰かが
かみついているらしい。運動家ですかね。
ニュースで流れたその紙面を見ても、なんら怒るようなことでは
ないし、けっこう笑える感じがしました。
こう思っているのは、僕だけかも知れませんけどね。
これについての意見はこうです。










何を言っても叩かれそうなので、何も言わない事にしました。
このままじゃ、何もしゃべれなくなる日が来るかも、ですねw



むれむれ小ネタ集
遥かな尾瀬
これを見たり感じれば「夏がキター」と思い出すもの。
・妙に人が多く感じる街中の風景
 これは夏休みに入るからでしょうね。
 田舎育ちの僕は、人の多い処がやや苦手なので、早く
 夏休み終わらないかな?と願っています。
 自分が子供の頃には「夏休み終わるな!」と
 思っていたくせに、です。。。

・高校野球
 年に何回かやってますけど、夏の大会が一番印象強いです
 よね。「夏休み最中にやってる」ということで、
 印象に残りやすいんでしょうか。
 テレビでも夏以外の大会は、それほどやっていませんし。
 
・セミの鳴き声
 その年ごとにセミの羽化時期は変わると思いますが、
 7月にもなると、セミの声が聴こえ始めます。
 条件反射か、はたまたパブロフの犬とでも言いましょうか、
 この声を聴くと、暑さが倍に感じられるわけで。
 この声もしばらくすれば止むのでしょうけど、それは
 セミが命を落としていくのに通じていて、物悲しくなります。
 人恋しくなる秋も近づいてきますしね。。。

「僕の街」ができるまで
上野の某所で働きはじめて、約5日が過ぎました。
職場に行くルートや、どこにどんなお店や道があるかが
少しずつわかってきたところです。
あと何日か勤務すれば、上野駅や御徒町駅周辺のことが
だいたいわかってくるのでしょう。
僕はこれまで、何回かの引越しを経験しています。
その度住む町が変わるわけですから、最初は難儀します。
「どこに何があるか?」「ここはどういう所か?」
「交通の便はいかほど?」等など、知らないことが多すぎて、
少し不安になってきたりもします。
何週間・何ヶ月と暮らして、その街を知るわけです。
僕はその過程が好きです。
不安や苦労を感じたりするけど、そのぶん後になって
その街に愛着を感じられるようにもなりますし。
今まで幾つかの街を渡り歩いてきましたが、それらの
どの街も良い所でした。住めば都、ではないでしょうけど、
「僕の街になった」と僕は思っています。
上野の街、好きになれればいいなあ。 住んでないですけどね(^^;

嬉し恥ずかし逆ナンパ
しつこいくらい「仕事で上野行ってます」言うてるわけですが、
二、三日前に上野で遭遇したこと。
仕事前に少し時間が空いたので、上野公園の西郷どん銅像の前で
タバコ&ジュースで一服していた時のことです。
「ヴァ~ 暑いね、しかし。。。」とベンチに座っていたら、
「あの・・・」と声をかけて、人が近寄ってきたのです。
「はい、何でしょうか?」と返事をしてみたところ
「お兄さん、今ヒマ? 良かったら付き合ってよ」と返答がきた。
「え? 申し訳ないけど、今から仕事なんで。。。」断る僕。
「仕事? 幾ら位貰ってるの? その分、お小遣いだすけど」
えっ、お小遣いくれるの? でもそんな幾らなんて教えたくない。
「あーちょっとそれは。。。ごめんなさい、無理です」
「そう・・・? 邪魔してごめんね。 じゃあ」と断ったら、
あっさりと去っていった。
お小遣いかぁ、幾らくれたんだろう? いかんいかん!
オイシイ話には注意しろと、あれ程誰かが言っていたではないか。
そもそも、その人、男だったんだよねえ。。。w
悪徳セールスの勧誘か何かだと思った人、ハズレです。
その筋に詳しい人は知ってると思いますけど、上野界隈ってのは
実はソチラ系のハッテン場として有名なのです。
男色家の人だとかゲイの人だとか。。。まあおホモな方々ですよね。
なので、そういうお誘いがかかる事がある、ってのは知ってました。
まさか自分が、そういうのに遭遇するとは思いませんでしたけどw
でも、ついていったら幾ら貰えたんだろう?
一応金額だけ聞いておけば良かったかなあ。。。w
Copyright © siva Culture. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。