FC2ブログ
秋の夜長は文字を読め

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Title Song Review
うぉーあったかいぞー! sivasixです。
本日、関東では16度の暖かさ。 カエルくん達も冬眠から
さめて、そのまま干上がってしまうような暑さかも知れません(嘘)

さて、わかる人はわかってるかも知れませんが、ウチの毎日の
雑記のタイトルは歌のタイトルになっております。
ま、一部そうでもないのがありますが、そのタイトル曲の
個人的なレビューでもしてみようかと。
ネタ切れじゃないぞ ネタ切れじゃないぞ ネタ切れじゃ。。ないよな。

さて一曲目。
「透明人間 ピンクレディー」
はっきり言って、何の思い入れも無い曲で、単に、自動ドアが
誰も居なくとも開いてしまう、という話にかけて付けただけでして。
とは言いましても、ピンクの姉さん達が歌う曲の中には好きな
曲もあるんですが、それはまた別の機会にお話させていただきます。

二曲目
「IMAGE DOWN  Boowy」
皆さん大好き、Boowyのたいそう盛り上がれる曲。
コンサート「LAST GIGS」で放たれた名ゼリフ
ライブハウス武道館へようこそ!
ここは東京だぜ!?
 はあまりにも有名。
髪を切った事により、男前度が下がったんではないか?との
無駄な不安感を表してみたわけで。。。

三曲目
「Bohemian Rhapsody  QUEEN」
QUEENを有名にした、ある意味これがデビュー曲なのではない
かなあ?と個人的に思う曲。
高校生の頃、年上の友達に聴かされたのだが、最初はコミックソング
としか思えなかったが、歳を重ねるにしたがい名曲だと思い込む様に。
前半のオペラパートのメロディ&フレディの歌声の美しさ、
そして後半に入るや否や、突然曲調が激変するキチ○ガイさ。
多分好きになれない人は絶対好きになれないんだろうなあ、と思わ
せるような曲です。  前半も、素敵なメロディに騙されるが、
実は「たった今、人を殺してきたよ」的な歌詞なので注意が必要だ。

四曲目
「Another One Bites The Dust  QUEEN」
これも、まあ好きだが、大好きと言うほどでもないし、
単に内容と合わせて「地獄へ道連れ」を選んだだけです。。。

五曲目
「孤独のRunaway  B'z」
B'zのアルバム「MARS」からの一曲。
アルバム自体良い曲が入ってるのですが、この曲に関して言えば、
まあ好きかな?レベルなのです。他の英語詩の曲は好きですけどね。
曲の内容は「一人の男が全部ほっぽり出して逃げちゃった」みたいな
感じだと思うのですが、はっきり言いまして、「孤独の」の部分だけ
しか内容とマッチしてないです。 許してください。

六曲目
「Radio Ga Ga  QUEEN」
この曲は、QUEENのメンバー、ロジャー・テイラーの息子さんが
三歳の時に発した言葉が元になって出来たと言われる、少し
微笑ましいエピソードがあるらしい。
軽快なリズムがイイ感じな曲で、結構好きな部類に入ります。
テレビが無く、ラジオのみの生活という内容にかけてつけました。

七曲目
「NO NEWYORK  Boowy」
これは、その文中に出てくるWさんにかけての曲で、
手を出しちゃったらマジヤバス、星になるだけサ♪と言わざるを
得ない状況になっちゃうんじゃないか?と危惧しての選曲です。
暴走モードに突入しそうで怖いです。

八曲目
「さらば青春の光  布袋寅奏」
多分、これが文とタイトルが、一番一致してるのではないでしょうか?
大事な部分に白髪を発見したり、文中には書いて無いのですが、
ちょっとした事で体力の衰えを感じたり、ホントさらば青春ですよ。
曲の方ですが、最初これを聴いた時はガッカリしちゃいました。
「え? これが布袋の曲?」と。
同じ思いをされた方が多いとは思うんですが、Boowy解散後も、
布袋はアルバム「ギタリズム」等、結構ロックな曲を出していたん
ですが、いきなりコレがキちゃいましたから。。。w
当時勤めていたコンビニで、有線から1,2時間置きに流れるこの歌を
聴いてて(この曲だけに限らないが)狂った果実になりそうだった
のは、よい過去の思い出ですね。


とまあ、ここまでのタイトル曲を振り返ってみたのですが、
如何なものだったでしょうか?
まだまだストックは沢山あるので、溜まったらまた書かせて
いただきます。

ネタ切れではないですと、「ネタ無いのって、マジなんじゃねえの?
つか、マジなんじゃね? やばくね?(馬鹿風に)」と思われる程
強く推した処で、今日の駄文はこれで終了。


スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

どんどんリクエストしてきます
マクベファンとのことで、
桃4にトピをたてさせてもらいました
そっちの方でもこのブログ感性みたい
ichigo | URL | 2007/02/07/Wed 09:53 [編集]
>ichigoさん

ご来訪ありがとう御座います(^^)
早速ではございますが、書かせていただき
ました、ええ!
ネタや書いて欲しい事を提示していただけ
るのは、正直助かります。
話したい事があっても、果たしてそれが
読んでくれる方の目に合うかわかんない
ですから、例えお一人様のご意見でも、
読んでいただけるのなら、自分の意見と
しても書きやすいものですから。
向こうでも書きましたが、またのリクエストを
心よりお待ちしております。
sivasix | URL | 2007/02/07/Wed 06:03 [編集]
on my beat boowy
だったらどんなコメントになるんだろう・・・
ichigo | URL | 2007/02/07/Wed 02:48 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

ピンク・レディー
ピンク・レディーピンク・レディーは、1970年代後半、日本で最も人気のあった歌手、アイドルユニット。多くの楽曲を阿久悠(作詞)・都倉俊一(作曲)のコンビが手がけた。ミー(現: 未唯、本名: 根本美鶴代、1958年3月9日 - 、A型、静岡県静岡市葵区出身 [続きを読む]
namiのブログ 2007/02/15/Thu 04:18
Copyright © siva Culture. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。