FC2ブログ
秋の夜長は文字を読め

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隔週週休二日制な小ネタ集
読みすぎにはご注意を
もう職無しの心配は無くなったけれど、ちょっと前まで
無料求人誌を読むのが、密かなマイブームだった。
もちろん職探しの為であったのだが、それ以外にも色々な
ことが見えてきて、けっこう面白かったりするのである。

・新規出店する店の情報がわかる
 「何の店か」「どこにあるか」「いつOPENするか」などなど、
 言ってみれば、チラシと同様の効果があるのではないか?
・どこそこに、何の店があるかがわかる。
 ちょっと離れた場所でも「あそこにはアレがあったはず」と
 あとで役立つ。。。かも知れなくもないかも知れない。
・想像できる
 まあ「自分がそこで働いたら」とか「あー、ここはキツそうだな」
 とか、ホラ、住宅情報誌の間取りを見て、ここにはコレとか
 想像するアレな。

ざっと挙げてみればこんな感じになるのだが、他にもヒマ潰しに
なったりして、自分に適合している地域以外しか載っていない
求人誌を手に取ったりもしていたのである。
ヒマはあるけどお金や遊びスポットがないというアナタ、
一度読んでみてはいかがですかな?





これも値段高騰の煽り?
一部主婦的な心を持っているsivaであるのだが、スーパーで
ルンルンとお買い物をしていた時のこと。
「あら安いわね、これ」と、日清のカップヌードルを手にとったのだが、
ちょっとした違和感を感じたのだ。 ちなみに一つ98円だった。
「ん?」とよく見てみると、印刷されている商品名が違っていて、
「CUP NOODLE」ではなく「SOUP NOODLE」となっているではないか。
最近の事情にはとんと疎いのでワカランのだが、商品名を変更したの
かな?と思い、調べてみたところ、次のような事実が判明した。

*以下、日清HP会社情報より抜粋
より多くの皆様に楽しんでいただくためにカテゴリーボーダレスな
新価値提案商品として、めん・具材をライトに仕上げたスープ感覚の
新ヌードル、「スープヌードル」シリーズを開発いたしました。
日清食品:会社情報

あー、なるほどねー。
言ってみればアレか、廉価版っつうのかなあ、ダイエー系列の店で言えば
セービングみたいな。 ちょっと違うか。
そうだな、プレステが機能落として安くしたのと一緒だと思えばいいんだ。
「具が少ないなあ」と思ったのも、そういうわけだったのね。 納得納豆くう。
一度食べてみて、具が少ないせいか、物足りなさを感じてしまったので、
たぶん今後は買うことはない。。。のかなあ。
値段が安いので、ちょっとした買い溜めとかには良いかも知れないけど。






社員食堂攻略マガジン
一度経験されたことがある人なら知っているとは思うが、
会社や工場などの社員食堂は、昼時にもなると、軍隊アリが獲物に
群がるがごとく社員衆が集まってきて、かなりの混雑ぶりになる。
そこで、ウチの会社限定、社食攻略法を伝授したいと思う。

1:まずは席から確保だ!
 各社、いろんなマナーやルールがあるかも知れんが、大体の人は
 最初に、食べるメニューを取りに行ってしまいがちなもの。
 はやる気持ちはわかる。 もうおなかがペッコペコなんだろう。
 だが、ここで我慢し、まずは席を確保しておきたい。
 先ほど述べたとおり、昼時の社食というのは、一種の戦場である。
 メシを手に取れても、席が無ければ立って食べるか、お外に出て
 食うしかなくなるのだぞ?
 なので(←何か問題な日本語らしいですね)、ここは先に席確保を
 おこなってほしい。

2:メニューは、先行入力気味で!
 ウチの会社は天下のMグループなのだが、どこかしみったれていて
 社食には食券制度がなされていないのである。
 どうやって選ぶかというと、人力。 口頭で伝えなければならぬのだ。
 「伝える→待つ→もらう→会計」という流れになるのだが、人が多い
 せいか、はやく言わないと、後から来たせっかちさんに抜かされて
 しまうこともあるし、ここは先走り気味で言っておかねばならない。
 ランチ以外の麺類は、後でトッピングしてもらうので、先にラーメン、
 うどん、蕎麦とだけ伝えるだけで良い。

3:自販機の商品には手を出すな!
 これまたセコイ話で恐縮なのだが、普通会社に設置されている
 自販機というものは、タバコ以外は少し安くなっているものである。
 でもここは、天下のパナなんとかの社食さま、全部定価である。
 ジュースは120円&150円だし、パンの自販機もあるのだが、それも
 全部定価っぽい値段なのだ。
 一部社員は、その事実を踏まえたうえで、外で買ってきている。
 手を出してはいけないものもあり、それはカップラーメン類で、
 この界隈では「あれはボッタクリ」と評判になっている。
 自販機用の、普段はあまりお目にかかれないような容器に入った
 商品(日清のCヌードルだとか緑のなんたらとか)が売られていて、
 値段が一つ170円なのである。 それでいて内容量は少なく、
 いいところは殆どないのである。
 唯一利点があるとすれば、お湯がその自販機で入れられるということ
 のみで、そのお湯を入れる時にも注意が必要で、お湯漏れ防止の
 板が曇っていて、中があまり見えないのだ。
 一部商品は、小さい容器にギチギチに麺が詰め込まれているせいか、
 お湯を上部ギリギリまで入れないとダメなやつもあり、
 板の曇りの効果も相まって、非常に危険なのである。
 これには手を出すな! 米を食え、米を!

4:社食の喫煙所はいつも満員だと思え!
 どこに行っても分煙化が進められていて、ここも例外ではなく
 喫煙ルームなるものが設けられている。
 全面ガラス張りで、まるで「ほうら、これが喫煙する害のある人間たち
 だよぉぉ」と観察されているように感じるのが、つらいところである。
 ただ、幾ら世界では禁煙化の流れがあるとはいえ、まだまだ愛煙家は
 多く、時間によっては、喫煙室はいつも満員御礼札止めなのだ。
 6畳ほどの広さに、イスが8個くらい設置されているだけなので、
 昼時に限らず、一斉にある休憩時間も満員になってしまうのだな。
 そこでだ、近場で済ませるのではなく、ちょっと遠めの喫煙所に
 行くのを薦めておきたい。
 そこはけっこう穴場で、人も少なく落ち着けるゾ!
 そこまで行くのがイヤなら、携帯灰皿でも持ってきて、お外に行きな!

とまあここまで攻略の余地がある項目をあげてきたが、あまり役に立つ
話ではないし、ただの社員食堂紹介とだけ思ってくれれば、それでいい。
だって、実際そうだしね。。。



ではまた明日お会いしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

>だるまっ娘
うん、アレはエントリでも書いてるけど、なかなか面白い読み物だよね。
ちょっと前までは、食事付の所を探していたんだけど、
「無料賄いつき!」だったり「何%割引き」とか違っていて、
「ここはケチだなあ。。。」なんて思いながら探していたものですよ。
違う地域に良い所が多かったりするのが、ちぃと残念だったり。
siva | URL | 2008/03/08/Sat 08:18 [編集]
求人情報誌って楽しいですよね。
転職の予定も無いのに、じっくり読みます。
同じような仕事でも微妙に待遇が違って、
企業の規模とか理念とか垣間見えて面白いです。
だるま | URL | 2008/03/03/Mon 22:29 [編集]
>ジミにぃ
ここの社食のメンバーは、厨房2名+会計1名が基本みたいで、
ホント、よくあれだけのメニューや数をこなせると
感心させられます。
たぶん、自分が入ったら1日で撃沈コースですって^^;
いつも美味しいご飯、ありがとう様です。
siva | URL | 2008/03/02/Sun 08:33 [編集]
社員食堂に関しては良く見てるな~って関心しました(^-^)/
今、社員食堂に仕事で入ってるけど、お昼の休憩にいっぺんに来るからそりゃあ作る方も必死なわけで…言っちゃいけないことも沢山あります(笑)

まぁ厨房の設備にも拠るし、スタッフの多寡にも関係するんですがね…

食べるのも戦場なら作る方も…千食超えたらそんなものです。
ジミへん | URL | 2008/03/01/Sat 11:39 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © siva Culture. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。