FC2ブログ
秋の夜長は文字を読め

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜舞い散る小ネタ集
あの桜をもう一度
いやー二週間のご無沙汰、いかがお過ごしだったでせうか?
先週は年度末ということもあり、決算を迎える取引先の注文やら
自社のなにやらが殺到しまして、起きながら寝てました。
はやく、自分ちでネットできる環境が来ると良いんスけどねえ。

さて、先週辺りからの話ですが、見事に桜が咲き狂ってますね~。
会社の周りに植えてあるやつや、出勤途中に見えたりする桜の樹の
前で立ち止まり、、ほんと、ええもんやなあ。。。このままボーっと
していたい、などと思ってしまいます。

故郷である山形県天童市では、毎年4月に「人間将棋」というイベントが
行われまして、それがある頃に、ちょうど桜の咲きごろを迎えます。
舞鶴山の頂上にある、舞鶴公園という「そのまんまな名前やん!」な
所で行われるのですが、そこの周りがほぼ桜の樹で覆われているので、
満開の季節になると、それはそれはな光景が繰り広げられるのです。
何て言いますかねー、もうピンクの世界なんですわ。
それが綺麗なこともあるし、イベント中は出店などが多数出店されるので、
子供の頃に限らず、大人になって数年経っても毎年行ってました。
こっちに出てきてはや数年、もうニュースくらいでしか見ることがなくなり
ましたけど、また行ってみたいなあ。。。などと、桜の下のベンチで
佇みながら思ってしまったsivaなのであった。




安っぽいけどうまいアレ
出店の話がでたので、それについて少々。
焼きそば、わたあめ、チョコバナナ、棒に刺さったりんご飴、くじ引き、
カタけずり(針で形どおり削るやつ)金魚すくい等など、子供の頃は
祭りの雰囲気に飲まれる所為か、やっすいチープなモノが楽しく、
また、とても美味しく感じられたものです。 実際美味いですけどね。

さて、そんな出店群の中で、一つとても好きだったものがあります。
名称はですねえ、え~っと、自分の所に来るテキヤの屋号には
「おこのみ焼き」とか書いてましたけど、他でもそういう呼び方して
るんでしょうか、簡単に説明すると
「めちゃ薄っすいお好み焼き風なものを、箸で巻いてあるやつ」
なんですけどね。
もう、ほんっとに安っぽくて、具は”薄切りの魚肉ソーセージ”
”三センチ四方くらいに切られた海苔”くらいしか見当たらないの。
んで、それをソース壷に浸して渡してもらえるんですけど、
それが好きでしてねえ、一回で二本くらい買ってたですよ。
当時の値段で一本確か。。。150円か200円くらいだったかな~?
今考えると、すっごいボッタクリな値段だんですけどねw
あれって、今も出してるのかなあ?
もしかして、出してはいるけど具沢山になってたりとかしない?
こういう時世だから、そういうこともありえるか。。。
もし情報をお持ちの方がおられましたら、是非とも詳細のほどを。

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

>だるまっ娘
おお、どんど焼き言うのですか。
その名前を聞いて思い出すのは、駄菓子の「どんど焼き」だけど、
パッケージには祭りみたいな絵が描いてあり、
やはりそれがモチーフになってるのかねえ?

ヤマザワ、久々に聞いた名前です。
あじまんとかも、まだ存在してるんでしょうか。。。?
あじまんのたこ焼き好きだったもんで、ええ。
それと、かみのやまってどこですか?
ちょっと田舎事情には詳しくないもので、競馬場が廃止になったとか、
温泉が有名とか古窯(こよう)なんてものは知りません。
siva | URL | 2008/04/12/Sat 08:13 [編集]
それはどんどん焼きというらしいです。
去年、帰省したとき、ヤマザワの前にお店が出てて食べてきました。200円だったかな?

かみのやま出身の私は、かかし祭りの時に買ってもらった思い出があります。

で、具はやっぱり魚肉ソーセージくらいでした。ソースたっぷりですが美味しくはありません。



でも恐ろしく懐かしい味がしました。
だるま | URL | 2008/04/07/Mon 18:10 [編集]
>ジミにぃ
そろそろニュース等でも取り上げられる頃かな、人間将棋。
毎年有名人がお招きされていて、ある年に河合奈保子が来たんです。
懐かしい名前ですな、河合奈保子。
で、その年に、河合女史が泊まっていた旅館で働く友人の母上様から
「河合奈保子が温泉入ってたんだげど、すっごいイイ乳してたず~」なんて
情報を得たのはいい思い出ですw

<件のブツ
ほう、はし焼き言いますか。 「箸焼き」で合ってるんかな?
チープなB級グルメっこな僕として、アレは是非とも世界遺産に
登録すべき逸品なのではないかと。
Nさんとのこと、頑張りまっせ。


>すずみん
人間将棋を簡単に説明いたすと
「鎧などを着た人を使用してする将棋」なだけなんですけどね。
駒を取るときにアクションもしてくれるので、けっこう
ダイナミック感溢れていて、面白いものですよ。
花見の役割も兼ねているんで、将棋に興味なくても楽しめます。
「棒にくるまっているお好み焼き」が存在しているのは、本州だけなのかな?
今度内地に来ることがあって、ちょうどお祭りやってたら
探してみてちょうだいな。 おいしいヨ!

貴重なアドバイス、ありがたく頂戴いたします^^
また今度、栄養たっぷりの肥料がありましたら、
是非とも教えてちゃぶだいです。



>くましゃん
去年のようなことにならないように、気をつけますよう!(水曜どうでしょうの大泉氏風)
種は蒔かれたので、今度はどうやって育てていくかが問題かな?と。
多分、書いた本人が忘れているほどの小説よりは
面白くなると思うので、期待しててダス。

ええ、すっかり忘れてました、連続小説っぽいもの。
「そういえば、なんか書いてたなあ。。。」って、くましゃんの指摘で
思い出したくらいでw
「大きなたまねぎの下で」をモチーフにしたやつですよねえ?
違いますっけ?  やばいなー若年性アルツかよ。。。^^;

siva | URL | 2008/04/06/Sun 17:03 [編集]
タネ撒きしてるみたいやね。(⌒^⌒)b

あとの展開が楽しみ


そう言えば、あの連続小説の続きは( ~-~)
しろくま | URL | 2008/04/05/Sat 17:49 [編集]
人間将棋・・・初めて聞きました

出店の・・・は分からないなぁ・・・どんなのか食べてみたい。

今度こそホントの話だよね!脂とり紙はいいんじゃない?私なんてオマケ好きだしd(^-^)ネ!・・・聞いてないって?(笑)

でも、いいなぁ~いいなぁ~、初々しくて。
私もこれからの発展を願ってます♪
すずみん | URL | 2008/04/05/Sat 12:29 [編集]
頑張ってますな(^-^)/

人間将棋…毎年ニュースになってますね♪


祭りのやつ…
うちらの方では はし焼き…ってそのまんまな名前で有りましたよ(笑)

Nさんとのこれからの発展を願ってます!!

燦々七拍子\(^_^)/
ジミへん | URL | 2008/04/05/Sat 12:21 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © siva Culture. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。