FC2ブログ
秋の夜長は文字を読め

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふにゃふにゃ小ネタ集
久々に観たい映画が
「怪談」と「ベクシル」ですよ。
怪談のほうは、やけに色っぺえ若旦那が奥方や娘っ子を
アレやコレやしまくる、真景累ヶ淵という怪談をモチーフにした話。
話自体が、オカルトというよりか、和風怪談であるところや、
時効警察で好きになった麻生久美子さんが出ていたり、
他にも美女な女優さんが沢山出ているのも、見たい理由の一つなのだ。
最後がどういったものになっているか楽しみです。
原作通りの結末になっているか、それとも。。。

ベクシルのほうは、もうVFXバリバリのCG映画。
CG作品をVFXバリバリと言うかどうかは不明だが、まあ間違いでは
ないだろうかと。
2077年という未来の話で、その世界では日本が技術力を盾に
幕末もビックリの、鎖国をしているという設定になっている。
そこへ、主人公のベクシルをはじめとする、特殊部隊みたいな
チームが突入する、というのが、今作の大まかなあらすじになる。
さんざん流される煽りCMを見るところ「機械に征服されている
日本」みたいな光景が目に浮かび、この予想だけは外してほしいと
願いつつ、多分そうなんだろうなあ。。。とも思っていたりする。
ストーリーも楽しみなのだが、もう一つ、そのCG映像もすごく
期待しているのだ。
モーションキャプチャーという技術は、けっこう前から
ゲームや映画などで使われている技術だが、この作品でも
それは使われていて、それはどういうものかと説明すると、
実際の人間の動きを取り込んで、それをCGのキャラに当てはめる、
簡単に説明すると、こんな感じになる。
その技術を使っているせいか、キャラの動きは実際の人間っぽくて
すごくリアルなのだ。
それ以外のCGもすごそうで、コンピウタ好きな自分にとって
色々と興味をそそられる作品なのです。


小池百合子って、面白いな
「マダムスシと呼んでください」だって。
ライスさんも、自分の名前をダシに使われて気の毒に。。。w


NHKは時々良い仕事をする
今週はじめくらいから、夜中三時にNHK総合で特集している
「爆笑問題のニッポンの教養http://www.nhk.or.jp/bakumon/」を
毎日楽しみながら観ている。
爆笑問題の二人が、毎回テーマごとの専門分野の人に話を聞きに
行くというのが、番組の趣旨になっているのだが、すごく面白いのだ。
それらの、哲学だったり宇宙だったり生命の話だったりの
話も面白いのだが、太田の毒と知識が絡み合ったような話術と、
田中の能天気気味な話し方が、それらの科学的な話と混じり
合っていて、そんなに気取らずに観ていられるのも良い点だ。
冒頭でも書いたが、時々NHKは良い仕事をする。
この番組もそうだし、前にやっていた「脅威の小宇宙・人体」の
シリーズも素晴らしかった。
こういう番組ばかりだったら、喜んで受信料も払うんだけどなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

>ジミにぃ
関東バカンスは楽しんだでしょうか(^^)
毒づいてばっかりなイメージがあるバクモン太田さんですが、
その実、頭もいいし、色んな論理的な話も面白くて、
同じような志向を持つワタクシにとって、好きな芸能人の一人だったりします。
sivasix | URL | 2007/08/20/Mon 18:52 [編集]
NHK確かにそうですね。バクモンは面白いですよね。たまに見る機会がありみたんですが…骨の話など興味深く見たよ。
ジミへん | URL | 2007/08/17/Fri 08:36 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © siva Culture. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。