FC2ブログ
秋の夜長は文字を読め

お料理行進曲 -キテレツ大百科より-
気分転換のために、髪を金髪気味にしたsivasixです。
お店の皆は「笑う」「唖然とする」のどちらかの反応で、
お客さんは「何か言いたそうな顔だが、無言」
「。。髪、変えましたね(2秒くらいの微妙な間)似合いますよ」
などの反応をいただきました。
何かしらの反応があるって事は想像してましたが、髪型や何かを変えた時って、
妙に緊張したりするのは自分だけでしょうか?


はるばる来たぜ今回のお話は。。。
皆さん、愛のエプロンって番組知ってますか?
主に女性タレントさんが、番組の制限時間内に料理を作って
ゲストに食べさせる、そんな番組です。
詳しい話は覚えておりませんが、先日ちょっとした機会がありまして、
久方ぶりに視聴することができました。

久しぶりに観たその番組、あまり変わっておらず、楽しめた事は
楽しめましたが、相変わらず突拍子もない事をしているというか。。。
前に観てた時の記憶のみで話します。 多くのタレントさんが
「何でそうなるのっ?!」と往年のギャグが飛び出しそうになったり、
「おいおい、どうして揃いも揃ってサワークリーム入れんだよ!」と
ツッ込み所満載な料理手腕だったと記憶しております。

最近の女性は料理をしなくなったと聞きます。
時代の流れもあるし、女性のみがするもんではないでしょう。
ただ「家事=女性がするもの」という図式が存在していただけで、
男性・女性限らず、家事は出来るだけ分担するのが良いと
自分では思っております。
「できない」のと「しない」、かなり差がありますけどね。

僕も一応料理はできるのですが、どうも自己流のせいか、味付けが
上手く出来ないのですね(^^;  特に中華味。
お店で食べた「ピーマン肉炒め」が美味しかったので、自宅で
再現しようとするも「これ、何を入れるとああいう味になるんだ?」
となったり。 色々推理して出来上がったものを食べてみても
「? チガウナ」となったりして、いつもヤキモキしているのです。

うちの家族(元含む)は、全員料理上手でした。
元母親は自分でお店を開けるほどの腕前でしたし、親父も上手で、
基本的な料理は勿論のこと、釣りで漁ってきた魚を捌いたり、
鶏や鴨を絞めたりして、色んな野性料理を食べさせてくれたものです。
兄貴は両親ほどではないにしろ、料理方法も味付けも上手だったと
思います。

僕は。。。先程書いた通りでして、基本的なことは出来るにしても、
細かい技術、例えばキャベツや何かを切る時に「トントントントン!」
と出来ないですし、味付けも「味が同じだからいいや」と適当に
砂糖や塩などを入れてるって感じなのですな。
料理のサイトや本でも読めば、少しは上達しそうなものですが、
何かめんどくさいんです。。。いけませんねえ(^^;

一応、人に食べさせられるだけの味はデキル!と自分では
思ってます。 しかし、それが自分だけの思い込みなのかどうかは
不明ですけどね。。。
よくシチューやカレー作りますけど、ただ切って焼いて煮るだけですし(^^;


今回は単に愛エプ観て思った、ほんの些細な事を書いてみました。
「女の子は料理できなきゃだわ!」なんて思いません。
出来なきゃ少しずつでも出来るように教えてあげたいし、
その前に、自分の腕前も疑問符がつきまくりなもんですから。
でも、米や魚を洗剤で洗ったり、生煮え・生焼けの魚や肉を
食わせられるのだけは、すこぶる勘弁してほしいものです(^^;


3月に入り、一段と春の訪れを感じられるようになりました。
僕はそうでないのですが、花粉症の方、大変な季節になります。
これといったアドバイスや対処法は教えてあげられないのですが、
どうかマスクやゴーグル、お薬なので厳重な対策してくださいませ。

突然の発症に怯えつつ、今回のお話はこれでおしまいです。
読了、お疲れ様でした。

FRIEND
せんぱ~い。。。
臆病者なのに、恐怖動画大好きっコなsivasixです。
怪談はそうでもないのですが(新・耳袋除く)、やっぱり
動画となると、慣れてる身としても怖いわけでして。
家庭用のデジカムで撮られているせいか、あの画像の荒さ感が
より一層怖さを引き立たせてるのです。
お願いですから、そんな動画がありそうなサイトなんて、
教えないでくださいっ!  まんじゅうこわい。


本日のお話は。。。
あまり深い知識はないのですが、僕のネット歴も今年で10年くらい目に
突入しました。 win95が出た1,2年後なのでそれくらいでしょう。
最初は全然やる気なんてなかったんですが、友達にディアブロと
いうオンラインゲームが面白いという話を聞きまして、当時バイト先に
いた先輩が電気屋さんと知り合いだったので、そこで格安でPCを
購入して、世界に羽ばたいたわけです。

でもゲームには夢中になれませんでした。 何かが違ったんです。
その代わり、ゲーム以外の方向へ興味が沸きまして。
それはチャットでした。
パソコン通信で同じような事が出来るってのは知ってました。
ただ、面白そうだとは思っても、PCが50億万円はする時代。
値段もそうですし、モデムやら回線やらもお金と手間がかかり
そうで、手が出せなかったんです。
それがwin95の登場とともにPCが安くなり、回線も簡単に
繋げられるようになったわけです。

最初は雑誌とかで勉強し、検索サイト等からチャットページを
探し出す作業でした。
「初心者」「チャット」とキーワードを打ち込み、出てきた処を
覗き見て、良さそうな雰囲気の処に入ったんですね。
運が良いのか、検索されたチャットルームの羅列の上の方で、
良い処を見つける事ができたんです。
閉鎖しちゃいましたが、サイト名も管理人さんの名前も、
今でも思い出す事ができます。 恩人みたいなものですから。

行き付けの処が閉鎖になったんですが、次の処は、そこ以上に
居心地が良い場所で、かなりのネット友達ができました。
大阪のオフ会にも行きましたし、特に仲が良かった女の子と
デートできたのもいい思い出です。。。(遠い目)
実は、今でも時々、電話とかメールで接触はあるんですけどね。
でも住んでる処は遠いし、何より。。。このコも旦那持ちですw

時は流れ数年後。
仕事と住処を変えた影響で、一時的にネットとは無縁の暮らしを
してたのですが、またネットとの繋がりができます。
PCは欲しい欲しいと思っていたのですが、何せ金がない。
そんな処へ、パチスロで大勝ちという幸運が舞い降りてきたのです。
金額にしてざっと20万円。
PCに関する知識だけは多少あったので、家電量販店で売ってた、
6万円くらいの、やっすい、ただ、ネットだけなら十分な機能を
持ったやつを買いました。足りない部分は後で拡張すれば良いですし。

そのPCを手に、次に向かったのは、悪名高き2ちゃんねる。
正直な処、チャットは飽きてましたし、何か刺激が欲しかったのです。
どこに常駐しようかな、と向かったのは、結局ニュース速報と
いうところでした。
昔と比べ刺々しさも和らいでいたし、何か居心地が良かったんです。
悪いやつらばかりじゃないのと、馴れ合いのみではない、本音で語れる
部分、そんな処に惹かれたのです。
「本音」と「何を言っても良い」を勘違いしてる連中もおりましたが。

ニュー速では、一応恥ずかしい話ですが、コテハンというものも
やっておって。。。まあ、無名でしたが(^^;
そこでも、ちょっとしたコテ仲間が出来ました。 今では数名を
除いて、交流もなくなってしまいましたが、それもいい思い出です。

その後、また環境変化で、ネットから足が遠のいていたのですが、
ここ1,2ヶ月になって、また戻ってきたようなもんなんです。

今、僕は、こことライブドアのフレパで、結構活動的に色んな人と
コミュニケーションを取ろうと頑張っています。
活動メインになっている、フレパのコミュニティが、年代的にも、
話題的にも合っていて、とても良い感じです。

ですが、僕は思う事があるのです(昔からですが)。
フレパには「フレ友」という、一種の繋がりを示すような
機能がついてます。
今主流のメッセンジャーMSNや、昔からあったICQ等にも
同じような、友達リスト機能がついてます。
果たして、これは数を競うものなのでしょうか?
もちろん、そういう目的で、手当たりしだいに登録していく人は
少数でしょうが、たまに「おいおい、交流できてるか?」なのを
見かけたりします。

僕も、昔ICQを使っていた時代、初期の頃はそういう感じでした。
ろくすっぽ交流もないし、オンラインで見かけても挨拶だけ、
そんなリストのメンバーが多かったもんです。
しまいには、面倒だから挨拶も無し、とか。。。最低ですよね。

そんなに深い友達は望めないですし、こっちも望まないですが、
浅はかな、数合わせだけの友達も、まっぴらゴメンです。
僕が求めているのは、傷をなめあい、互いの生活を想いアドバ
イスや感想を送る、実世界では出会えない、癒しや心地よさ
を得る、そして時には戒める、こんな感じの交流だけで良い
ので、少しだけでも交流できてるんだな、と思えるような
関係です。 本音で語るのも大切でしょう。
しかし、相手を思いやる気遣いというものも大事です。
言いたい事が言えないこ(略)でも良くないですけどね。。。ポイズン


今回は1.5倍の量(自分比)で、ちょっとしたネッ友思想について
語ってみました。
最後の段落では「馴れ合いOK!でもちょっと待て。本音で語り
あいたいけど、ま、穏便にな!」みたいな、論理破壊に陥った
文章になってしまいましたが、何を言いたいか?

これからもよろしくです。何かと楽しませたいと思いますが、
積極的にそちらに向かっていくので、覚悟はよろしいですか?

ま、こんな感じでしょう。
人間関係には人8倍臆病なので、出来うる限り、今フレ友になって
くださっているメンバーの方、そしてこれから増えるであろう、
未知の親友との関係は、大事にしていきたいと思います。
24時間常駐できるわけもなく、リアルタイムで交流できる
時間は限られますが、それでも何かとお世話になると思います。

明日は深夜勤務だし日曜深夜だし楽で良いな~ニコニコと
お気楽な夢を見つつ、今回のお話はTHE・ENDです。
お疲れ様でした


ええー本日より、正式な管理職になったsivasixだ。
皆さんに言っておくが、私は甘やかしたりしないので、
これからも我がブログをよろしく頼む。 無論、私も頑張るつもりだ。
ごめんなさい、ちょっと調子に乗りすぎましたね(^^;
勿論、仕事同様、こちらも頑張りますので、よろしくお願いします。


さてはて今日のお話は。。。
最近、色んな物を欲しがるという、購買意欲が沸いてきております。
一番欲しいのはW。。。と言うのは置いといて、デジカメなんか
が欲しい処ですね。
と言いますのも、やはりここにも何かしらの写真を載せてみたい
ですし、ある計画を立てているからなんですが。。。ニヤリ
女性の皆さん、3月14日は期待しててください(謎)

DSなんかもほしいですね。
近頃は、めっきりゲームなんぞはしなくなったのですが、
動物の森やらスロのシミュレーションやらと、何気に興味を
引かれるものが、沢山出ているわけでして。
脳がどうたらはやりません。 理由は特にないですが。

実はPCも欲しいです。
今、こことかフレパ、その他をやっているのは、お店のPCから
でして、多少の融通は利くものの、やはりお金が勿体無いんで、
財布から、お金がカモメの様に飛んでいってしまうんで。。。
まあ、実際は、従業員割引みたいなのもあって、それほど
我が家の財政を貧窮させる程ではないのですが(^^;
それに、TVがないので、チューナー付のやつを狙ってたり
なんかしちゃったりしてる次第で御座います。


他にも欲しいものがあるのですが、毎月のご褒美デーにでも
買い揃えようかな、と思っています。
今日はブルーハーツの「夢」に乗せてのお話、いかがでした
でしょうか?  ま、パチンコ減らせば、楽に買えそうな物
ばかりなのですが。。。
そんなこんなで、本日の雑文も終了です~
 

Sympathy for the Devil -悪魔を憐れむ歌-
日本列島、風が吹き荒れておるようですが、皆さんは
風邪などをひきませぬよう。風邪とは無縁の高い処大好きsivasixです。
日付的にはおとといになりますか、愛と栗の花臭の漂う日だった
わけですが、楽しい一日が過ごせましたか?
僕は日記でもお伝えした通り、まあ良か一日だったとです。
でも、Wさんも結構ヤリ手風なので、僕の心の中ではデスノート的
展開が巻き起こってたり。  僕がキラでWさんがL。
って、最後にキラ死ぬじゃんか。。。ま、気張っていきまっしょい。

よっていらはい、見ていらはい。 本日のお話は。
やっとと言うか「まだだったの?」と言うか、リクエストのアレを
書かせていただきます。 実は、今の今まで何書こうか考えてまして、
何にも思い浮かばなかったんですが。。。(^^;
ま、そこはアドリブ文章で何とか。

人にはよく二面性があると言われています。
「優しいと思ったあの人が実は」ですとか「ハンドル握ると豹変」とか
例を挙げればキリがないほど、そういう事例は多いでしょう。
恥ずかしながら、僕にもそういう面がありまして。
それは、仕事の時とプライベートの時の考え方が、全然違うのです。
仕事の時は、それこそ真面目人間丸出しで、めっちゃ几帳面な処を
見せているのですが、私生活はと言うと。。。なんですね。

お店勤務なので、挨拶も丁寧すぎる程にし、掃除もこま過ぎるほどに
してます。それで一応管理職なものですから、人間関係が崩れない
ように、色々気を使ってみたり(八方美人ではないですが)。

一方、自分ちや一人で遊ぶ時の場合。
周囲には気を使いますが、考え方がかなりガサツになり、
あまり細かい事には拘らなくなりまして、ちょっとダメ人間風に
なってしまうのです。
本は読みっぱなしの積みっぱなし。 洗い物も溜め込んでみたり、
少し汚れててもイイや、と洗ってない服を着てみたり。

ちょっと考えてみたのですが、誰でも同じ様なものなんでは
ないでしょうか?  ただ、周りに家族とかが居てそういう事が
できないだけで、本音では、楽ではないですが、気疲れしたくないという。

僕は親父と住んでいるのですが、あまり顔を合わせません。
先ほど書いた「家族の目が気になる」を突き詰めて考えると、
それは一種の、ミニチュア的な公共の場であり、視線が気になる
のは当然のことなんでしょう。
従って、親父と顔を合わせない僕が、家ではこういう状態になる
のは必然だ、とでも言いましょうか。

自分でもこういう暮らしは、あまり良いものではないな、と感じ
ています。 ただ、環境や事情があって、こうなったわけで。
ちょっと言い訳がましいですけどね(^^;

今後文化の成熟が進むと、自分だけでなく、僕の知らない
日本中の誰か大勢が、こうなって行くと、勝手に推論してるんですが、
あながち間違った考えではないなと思っています。
便利になった反面、人とのコミュニケーションがとり辛くなった
世界。 繋がってると思ってても、実は隔離された空間。
僕はそれを否定しません。 実際ネットも好きですし。
ただ、それらが進んで画一化が極限まで行っちゃったら、人はどう
なるんだろう、と考えると、あまり良い気持ちにはなりませんね。

人はアナログな物であるからこそ、何かにすがって生きていける
わけで、0と1の世界の、神ですら数値で表されるような世界は、
まっぴらゴメンです。

某巨大掲示板ではないですが、顔が見えないからと、ネットでは
本音と己の感情のみで話をする人が増えてきています。
大抵は多くの似た様な意見が群れを成すのですが、それは物凄く
強大な力で、時に人の命を落とす事もあったりします。
もし、それが当然の世界になった時、その集合された力が
新たな神、もしくは悪魔と呼ばれる事になるのでしょうか。。。


今回は、思い浮かんだものを、あまり考えずに書いてしまいました。
ジミへんさんには大変失礼な事だなと思いましたが、
いい加減な気持ちで書いたのではないと言う事を、わかっていた
だけたら幸いです。

次はichigoアニィのリクエスト「ぼくがぼくであるために」を
何とか良いようにかけたらいいなと思いつつ、雑文を〆させて
いただきたいと思います。 長文読了、お疲れ様でした。

とおりゃんせ
どうも桜siva造です。
正直、稲川淳二以外の怪談芸人は、北野誠以外
あまり好きじゃないですし、特徴が思い浮かばないので
真似することできないです。。。

さてオカルト話二話目は。。。
今度は幽霊の話でもしてみましょうか。
僕自身、遭遇したことはないですし、遭遇したくもないのですが、
まあ存在としては「いるんでないかい?」と思っております。
親父が話してくれたんですが「親戚のオバアが亡くなった時間に、
家のタンスがガタガタ揺れた」とか、その他、似た様な話は
文献なり怪談なりでよく聞く話でしょう。
そういう話聞くと、単純ですが「やっぱいるんでは」と思ってし
まうわけです。

ただここで重要なのは、人の脳というのはかなり複雑で、
思いもよらない作用をすることがある、ということ。
前にこんな話を聞いたか、読んだかしました。

ある、空手だか何だかやってる人が山に篭って修行した。
で夜になるとテントで眠るのだが、どうもテントの外で
人の声や足音が聞こえる。 でも外を見ると当然誰も居ない。
普通の人やそういうのが好きな人は「何か居るんでは」と
考えるが、その人は違った。 物凄くストイックな人なので、
原因を自分なりに考え、そうと思わずとも科学的な結論を
導き出した。 曰く「普段の生活では、人の声や様々な雑音に
囲まれて暮らしている。 耳や脳がそれに対応しきっている
ので、似た様な葉が擦れる音や風の音を、人の声や足音と
間違えて認識したのだろう」

これと似た話で、心霊写真でも同様の事があります。
どうも3つの黒い点が三角に並んでいると、人の顔に見えて
しまうというもの。 ま、あとは合成とか重ね撮りとか。
そういう説明じゃ納得できない物も沢山ありますけどね(^^;

幻肢という症例を知っているでしょうか?
腕や足を切断しても、まだそこに手などが存在してると脳に
認識され、痛みや痒みを実際に感じてしまう、そんな症状です。
これもまた、脳の複雑さにより引き起こされるものです。

僕は全部が全部、脳のせいだとか、科学で説明できると思いません。
そりゃあインチキなのは沢山いますけど、本物がいてもおかしくな
い、そんな夢のかけらは、少しだけ残ってるつもりです。

でも、ようく考えてみると、死んだ人全員とは言わず、死んだ人全体
の中の、たった1億分の一のアレが幽霊になると考えたとしてもだ、
地球上には結構な数の幽霊さん達が居る事になるんですよね。
やっぱ霊間でも宗教戦争とかしてるのかしら? やだなあ。。。w

ま、何かしらわかんない事が多いから、人生は楽しいわけで、
全部わかったらツマンないですもんね。
本音を言えば、全部わかってみたいものですけどね。


今回は二本立てでしたが、読むのに疲れたのではないでしょうか?
長文・乱文の読了、本当にお疲れ様でした。 そして感謝です。
ジミへんさんとichigo兄さんのリクエスト、もうちょっとです。
お二人様、多分「僕がネタ出すのに苦しんでるんではないか?」と
考慮していただいてるかなあ?と思いますが、僕も気の向くまま
風の向くままに書いてみますので、どうかご心配なきよう。。。


ほんじゃまた、色んな処を散らかしてお休むとします。
Copyright © siva Culture. all rights reserved.